ニキビの4つの種類と正しい治療方法

種類別ニキビ対策法

すべてのニキビは毛穴にできる

私たちの体には全身に大小様々な毛穴がありますが、毛穴の一つ一つに体温調整したり、バリア機能を果たしたりそれぞれ役割があります。

 

その中で「皮脂を分泌して皮膚を乾燥から守る」役目がありますが、これがニキビを育てる原因となる場合があります。

 

ニキビは毛穴にできる病気です。ニキビが育つ土壌はすべて毛穴です。

ニキビは4種類に分類される

ニキビとは「アクネ・ブルガリス」と呼ばれる毛穴(皮膚)の病気です。ニキビの症状には大きくわけて4段階に分かれます。
白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビです。左から右にいくほど症状は悪化しています。

 

ニキビ進行のプロセス

 

白ニキビ


元々脂性肌の人や思春期で肌がベタつきやすい人は皮脂の分泌が多く、皮脂が毛穴を塞いでしまうことがあります。また、余分な古い角質が表面から剥がれることができなくなり、徐々に角質が厚くなると毛穴を塞いでしまいます。

 

毛穴の出入り口が皮脂や垢などでフタができて塞がれている状態です。毛穴がふさがれると、皮脂が外に出ることができなくなり、皮脂腺の中にどんどん溜まっていきます。

 

毛穴が閉じた状態で皮脂が内部で溜まると、肌の表面が白く膨らみはじめます、これが「白ニキビ」です。

 

黒ニキビ


毛穴の出入り口が余分な皮脂でフタをされ詰まった状態が白ニキビ。この状態で空気に触れている表面の皮脂詰まりが酸化して黒く固まり、毛穴のフタが黒く見える状態が「黒ニキビ」です。

 

白ニキビや黒ニキビは比較的軽症のニキビです。肌は日々新しく生まれ変わっているので、毛穴の詰まりは垢となってとれ、自然と治る場合もあります。

 

生活習慣を正すことで大部分改善していくでしょう。

 

赤ニキビ


白・黒ニキビは毛穴にの内部に溜まった皮脂汚れが溜まっているのですが、この汚れにアクネ菌が繁殖して炎症を起こし赤ニキビになります。

 

アクネ菌は皮脂をエサに繁殖し、空気に触れると死ぬ性質がありますが、毛穴の内部は皮脂がたくさんあり、酸素がないのでアクネ菌にとっては居心地がよいのです。

 

皮脂を食べる代わりに「ポルフィリン」という毒を出します。すると毒にビックリした肌細胞たちは細菌感染に対抗するため免疫細胞をアクネ菌のいる毛穴に送り込みます。これが炎症です。炎症とは悪い細菌と免疫細胞が戦っている状態なのです。

 

黄ニキビ


赤ニキビの炎症がひどくなって化膿して大きく腫れている状態を「黄ニキビ」と言います。細菌感染が皮膚の内部まで進行している状態です。赤ニキビよりさらに症状が悪化しており、皮膚を組織する細胞を損傷させて凹凸のニキビ跡をつくる危険があります。

 

痕を残さないためにも、なるべく早い治療を受けることを考えたほうがよいでしょう。

 

初期段階ニキビの治療法

白ニキビや黒ニキビなどは専門の治療を受けることで一時的に治すことはできますが、生活習慣や食生活が乱れていると、また新しいニキビができます。ニキビは生活している環境に影響されやすく、ニキビ体質を根本的に変えていかなければ「繰り返しできるニキビ」は治せません。

 

繰り返しできるニキビを治す上で一番大事なのが「腸内洗浄」です。

 

腸は第二の脳と呼ばれますが、免疫細胞の7割は腸にあります。また、体内の老廃物、毒素はすべて腸が解毒、排せつしています。

 

腸の働きが鈍ると本来外に排せつされるべき「老廃物」が体内に溜まり、血液を汚し、頑固なニキビは次々と生み出されます。また腸の汚れは免疫細胞を低下させるので、一度できたニキビはなかなか治ってくれません。

 

ニキビ体質を根本から変えて、「新しいニキビのできない肌」にするには、「腸の大掃除」は絶対に欠かせないのです。

 

腸の大掃除をして体内の老廃物を除去できれば、1カ月で新規ニキビの発生率は半分以下まで落ちます。

アクネ菌の性質と正しいニキビの治し方

殺菌によって炎症を抑えるは間違い!

毛穴に感染してニキビを悪化させてしまう「アクネ菌」ですが、これを殺菌作用のある化粧水や薬で治療するのは間違いです。

 

アクネ菌は皮脂が大好きで、皮脂を餌に増えていきますが、酸素に弱く空気に触れるとすぐに死滅します。

 

アクネ菌の性質

1.毛穴に詰まった皮脂を餌にして繁殖する(炎症を引き起こす)
2.酸素に大変弱く、空気に触れると死ぬ

 

いくら皮膚の上から殺菌しても、毛穴は閉じているため全く意味がありません。また、皮膚を保護している常在菌を殺菌作用によって殺してしまうため、バリア機能は弱まり、逆効果です。

 

炎症を伴い、膿を持っている赤・黄ニキビの治療は毛穴の出入り口のフタ(ニキビの芯)を取り除き、中に溜まった皮脂と膿を取り除かければいけません。

 

毛穴を塞いでいる芯さえ除去されれば、空気が内部に入っていくのでアクネ菌は一瞬で死滅します。結果、炎症は治まり、ニキビは治っていくのです。

 

ニキビを治すには「毛穴の詰まりを解消すること」が絶対必要になってくるのです。

重症ニキビの治し方

毛穴の詰まり(角栓)を除去する治療


毛穴の詰まりを解決することでニキビは改善されますが、セリフケアは大変難しいです。

 

軽症のニキビでしたら自然と毛穴詰まりは垢となってとれて解消されることはありますが、酷いニキビになると何カ月経っても治りません。

 

ニキビは直径が7mmを超えると、自分でいじったりニキビの芯を手で潰そうとすると必ず傷付きます。凹凸やクレーターとなって一生肌に残り続けるのです。

 

直径が3mm以下の黒ニキビや白ニキビの場合、自分で芯を押し出してもニキビ跡になるリスクはないのですが、重症ニキビはそうはいきません。

 

膿苞や膿腫(上の写真参照)といいますが、化膿し、炎症が肌の深部や周辺に広がっているような酷いニキビの場合、毛穴の詰まり(芯)が複数ある場合もあります。複雑に入り込んだ詰まりを素人がいじるのは危険です。

 

ニキビが重症化している人は必ず専門医の治療を受けましょう。保険適用内のニキビ治療で「面ぽう圧出治療」というものがあります。

 

これは専門の器具を使い、毛穴の出入り口の角栓を取り除き、毛穴の中にたまった皮脂汚れを排出する治療です。

 

素人がやると跡になる危険がある「芯出し」も、専門医にお任せすると痕になって残ることはまずありません。酷いニキビにお悩みの人は一度治療を受けてみるとよいでしょう。

 

根本的なニキビ体質の改善(新しいニキビ予防)と今あるニキビを痕を残さず治す(専門医による角栓除去)。

 

この2つの両輪がうまくかみ合えば今までの辛いニキビの悩みがうそのように、劇的に改善されていくでしょう。