皮脂 減らす

皮脂分泌を減らす方法

洗顔の回数に気を付ける

オイリー肌の人は皮脂を取り除くことに必死になり洗顔の回数が増えてしまいがちですが、基本的に洗顔のしすぎはNGです。

 

オイリー肌の人の多くは過度な洗顔で皮膚をいためています。皮脂分泌が多いのでそれを取り除くために洗顔回数を増やし、「徹底的に汚れを落とす」ことをしてしまうのです。

 

皮脂を取り除きすぎると、不足した皮脂を補うために「皮脂腺」が肥大化します。皮脂の分泌量は増加するのです。しかも皮脂には保湿効果はないので水分不足により肌のバリア機能が低下します。

 

洗顔のしすぎが皮脂の過剰分泌を招いているのです。

 

一方洗顔の回数が少なすぎるのも問題です。皮脂は時間が経つと酸化して過酸化脂質に変化します。簡単にいえば「油が腐った状態」のことです。

 

腐った脂肪は肌に刺激を与えて炎症を起こします。これが繰り返されると皮膚細胞は大きなダメージを受けるのです。肌には「自ら補う保湿力」と「細菌から守るバリア力」が備わっていますが、「自ら汚れを落とす力」はありません。皮脂汚れは私たちが意識して洗い落す必要があるのです。

 

皮脂腺がない腕やももの内側は肌がとてもきれいです。一方顔や背中、肩などは皮脂腺が多いので他の部位に比べてキメが粗く、美肌とはいえません。これは皮脂腺の影響で、過酸化脂質が肌にダメージを与えているからです。丁寧な洗顔は必要なのです。

 

洗顔しすぎると皮脂の過剰分泌を招き、しなさすぎは肌の炎症を招きます。

  • 洗顔のしすぎ→水分不足、皮脂の過剰分泌
  • 洗顔を怠ると→肌の炎症、ダメージ

洗顔の回数は「ほどほどに」がベストです。具体的には1日2回。朝に1回、夜に1回石鹸をしっかり泡立てて洗顔しましょう。

 

肌の負担にならないようゴシゴシ洗いをせず、泡で優しく洗うことで皮脂汚れは綺麗におちます。回数を増やせばいいというものではないのです。洗顔のペースを守っていると、やがて皮脂腺は縮小していき、皮脂の分泌はおさまってきます。

 

洗顔後の水分補給はしっかりと

オイリー肌の人が見落としがちになるのが「保湿」です。

 

脂性肌の人は肌がテカっているため肌が潤っているようにみえますが、それは間違いです。皮脂に保湿効果はありません。顔が潤う99%は自家保湿因子の力によるものです。

 

洗顔のしすぎで水分をとりすぎると肌はセラミドを補うために皮脂の分泌が活発になります。結果、よりオイリー肌が悪化してしまうのです。

 

洗顔後は必ず化粧水で肌の調子を整えましょう。水分を補うと肌のバランスが保たれるので皮脂分泌は落ち着いてきます。外出時もこまめに化粧水スプレーで水分補給をするとよいでしょう。

食生活と皮脂分泌

私たちの食生活は「欧米化」しており、脂っぽいもの、肉類を好むようになりました。フライドチキンやハンバーガー、唐揚げ、マヨネーズ、マーガリン、ステーキ、洋菓子にケーキ、糖質、酒、カフェイン等。

 

このような食生活を送っていると皮脂の粘度が硬くなります。人によって皮脂の粘度は違います。

 

イメージでいうとサラサラな皮脂はサラダ油、ドロドロな皮脂はマーガリンといった感じです。どちらが毛穴に詰まらせそうかわかりますか?明らかにマーガリンですね。

 

食生活の悪化で皮脂がドロドロになっている人は要注意です。毛穴で皮脂詰まりが起き、ニキビの原因になります。

 

皮脂が分泌が多い人でも皮脂がサラサラだと肌トラブルに繋がりにくいです。食生活の質がそのまま皮脂の粘度に影響します。サラサラな皮脂にするには食事を切り替えていく必要があります。「洋食中心」の食生活から「和食中心」に変えていきましょう。

 

穀類中心の食物繊維が豊富な食事にします。新鮮な野菜や果物をできるだけ生のまま食べるようにして水分もたっぷり摂りましょう。穀類は玄米、麦、発芽米、トウモロコシ、イモ類、豆類、きのこ類も積極的に食べていきます。

 

こういった食生活を送ることで快便に繋がり、毒素が体内から消え皮脂がサラサラになります。