ニキビ跡 早く治す

ニキビ跡を早く治す方法

ニキビ跡の種類は大きく分けて色素沈着(赤みが残っている)タイプと凹凸クレータータイプの2つに分かれます。

 

 

色素沈着は肌に赤い斑点が残ったようなニキビ跡でクレーターは肌に無数の傷のような痕が残った状態のニキビ跡です。それぞれタイプによって治療方法が異なっていきます。これからタイプ別にわけて説明していきます。

色素沈着タイプ

ニキビは初期の白ニキビから黒ニキビ、炎症を起こした赤ニキビ、膿をもった黄ニキビと悪化していきます。赤ニキビ以上進むと、皮膚組織が壊れて痕が残りやすくなります。

 

色素沈着はニキビの腫れである赤みが皮膚内部に残った状態です。腫れや盛り上がりは落ち着きますが、赤い斑点のようになります。痛みはありませんが、見栄えは悪いでしょう。

 

このようなニキビは時間が経つにつれ、赤い色素が取れ、綺麗に治っていきます。ターンオーバーといいますが、28日周期で皮膚は新しく生まれ変わっています。新しい皮膚細胞は皮膚の内側から生まれ、古い細胞は垢となってとれていくのです。

 

ニキビによって損傷を受けた皮膚細胞もいずれ垢となってとれるのです。色素沈着を早く治すにはターンオーバーを整えることが肝心です。

 

ターンオーバーを整える

ターンオーバーを正常に保つポイントをご説明します。

 

ターンオーバーを妨げるような行為をしているとニキビの治りが悪くなったり、いつまで経っても痕が消えないません。具体的には、

 

・化粧で肌の負担を大きくしている
・22時〜午前2時のゴールデンタイム中に寝ていない
・食生活が荒れている

 

ということをしていると新陳代謝は低下します。ターンオーバーを整えることは生活を整えることと同じです。睡眠のリズム、食事のリズムがバラバラではいつまでたってもニキビ痕は改善しません。

 

毎日決まった時間に布団に入る習慣を付けると生活にリズムが生まれやすくなります。午後22時〜午前2時までがゴールデンタイムといって肌の修復が活発に行われる時間です。
理想は午後10時までに眠ることですが、社会人の生活は多忙です。毎日午後10時に布団に入るのは無理があるでしょう。最低でも12時には睡眠の準備をしておきたいですね。

 

布団に入るまでにしておくスキンケア。
皮膚にマイナスに作用するのが「あぶら汚れ」
皮膚にプラスに作用するのが「水分(セラミド)」です。

 

入浴時にしっかりと洗顔をし皮脂汚れを落として、化粧水でたっぷりとセラミドを補給する。そしてゴールデンタイムを逃さずに深い睡眠を心がける。これがターンオーバーを正常に保つ秘訣です。

 

ターンオーバーを乱す紫外線

紫外線が肌に当たると皮膚細胞は傷付くため、これを回復するために新陳代謝(ターンオーバー)の周期は早くなります。

 

ターンオーバーは早くなりすぎると保湿機能が十分に働かずにバリア機能が弱まります。(遅すぎても古い角質が残り、キズの治りが遅くなる)

 

ターンーバーは早くても遅くてもダメで正常な周期が一番なのです。紫外線対策として、気を付ける時間帯、時期は
・午前10時〜午後15時
・春先から夏にかけて

 

特に紫外線量が多い時は日傘や帽子を着用して肌を守ってください。ちなみに日焼け止めはあまりおすすめできません。

 

紫外線対策で一般的なのが「UVカット化粧品」ですが、合成界面活性剤や紫外線散乱剤など添加物が多く含まれているため、肌の調子が悪くなります。毛穴詰まりの原因にもなるためニキビ肌に使用するのはやめたほうがよいでしょう。

 

地道かもしれませんが、帽子た日傘が一番安全な紫外線対策です。

 

運動をするときなどどうしても長時間外にでなければいけない時はワセリンベースの日焼け止めをつかいましょう。ワセリンはベースの日焼け止めには界面活性剤や防腐剤など刺激物になるものが含まれていません。

 

添加物が少ないので肌に優しいです。「VUVプロテクト」(株式会社エメローゼン)などがおすすめです。

凹凸クレータータイプ

クレーターを治すのにレーザー治療があります。へこんだ部分をコラーゲンやヒアルロン酸などで盛り上げて目立たなくしたりへこみをレーザーで削ったりします。

 

現在ピーリングやレーザーによる治療が流行っていますが、問題点もあります。レーザーの際に受けたキズが残って、さらに悪化する場合もあるのです。

 

私自身一度皮膚科にいって専門医にニキビ跡の相談をしたことがあるのですが、治療条件は厳しいものでした。治療費は数十万と高額で、治療後半年は顔が真っ赤になり、マスクや化粧でのカバーが必要とのこと。

 

さらにクレーターが完全に治るわけではなく、少し良くなる程度みたいです。その時は新規のニキビもできていたので、ニキビを予防することが先決だと言われ断念しました。

 

ピーリングやレーザーは保険が効かないため高額で、ハッキリした効果が出にくいのが現状だそうです。効果がハッキリ出ないにも関わらずリスクや費用が大きい。これがニキビ跡治療の現実です。凹凸クレーターも色素沈着同様、肌の回復機能を向上させるセルフケアが一番だと思います。